【レポート】2022年6月21日 神奈川県立音楽堂 先生のためのアウトリーチ@茅ヶ崎市浜須賀小学校

まめさんと茅ヶ崎市浜須賀小学校へ!🏄‍♀️(”ハマスカ”と読むそうです!)
先日の座間市立相模野小学校に引き続き、神奈川県立音楽堂による企画「先生のためのアウトリーチ」でした♩
茅ヶ崎の学校は初!やはり海が間近なので生えている植物や雰囲気も違い、空気がしっとりしていました😶‍🌫️
(この日は特にそうだったとのこと!)

座間では もち時間が2時間ありましたが、今回は1時間という短時間!
加えて熱心な先生から具体的なリクエストも多数寄せられていたため、どんなことを大切に、優先して取り組むか…まめさん熟考🤔
私も考えを少し伝えさせてもらい、やり取りをする中で、これでいこう!というプランを決めて、この日を迎えました。

プチコンサートは、新世界より第2楽章(家路)と、カルメン序曲をマリンバやヴィブラフォンで演奏♫
浜須賀小の音楽の授業で、クラシック曲の打楽器での合奏に取り組もうとされているとのお話を聞いたことと、今日のアウトリーチで大事にしたい内容を表した、まめさんによる粋な選曲とアレンジでした。

今回は、耳を開き、響きを感じ、音をよく聴くということに焦点を当てた内容でした。
打楽器で見落とされがちな”余韻”を大切にー。

先生方が音に”癒し”を求めている感じがして、ピーーンと自らが鳴らした長い音に、わあ〜と感動し、楽しんでいる姿が印象的でした。
たった一音でも、人の心を動かし得るのだなあと改めて実感しましたし、その響きが重なり合ったときには、また新たな喜びを感じます✨

先生方の悩み事や想い、アーティストとして伝えたいこと、音楽堂が達成されたいこと、などなどを互いに摺り合わせて作ってゆく過程は、とてもやりがいがあります。
今回も、たくさん考えさせられて、学びと楽しさに満ちた体験でした🫧

神奈川県立音楽堂の皆様、まめさん、浜須賀小&ご参加いただいた先生方、ありがとうございました!

*写真は許可を得て載せています📸